交通事故を起こした時の賠償責任について

あってはならないことですが、車を運転する際、頭に入れておかなければならないのが交通事故による損害賠償責任です。最近ではこの賠償は自転車も自動車と同じだとされて、適応されることになっています。もし事故を起こしたら誰が責任に問われるのでしょう。最初に責任追及されるだろうと考えられるのは運行供用者、つまり車や自転車を運転していた人です。損害に関しては3つあり、積極損害、消極損害と慰謝料があります。積極損害とは、交通事故により出費を余儀なくされ、実際に発生した損害のことをいいます。主に治療費、通院交通費、葬儀費等がこれにあたると考えられています。消極損害が事故に遭わなければ得ることができた利益のことを指します。休業損害や逸失利益などでしょう。一番よく知っていると考えられるのが慰謝料ですが、これは事故によって被った精神的、肉体的な苦痛に対して支払われるお金のことをいいます。交通事故は決して気持ちのいいものではなく、自分の人生も相手の人生も狂わせてしまうものなので気をつけてください。

交通事故の被害者になった時の賠償について

交通事故の被害者になった時に、仕事が出来なくなってしまった、そんな時に気になるのが生活費です。有給休暇も限りがありますし、有給休暇が無い場合もあります。そんな時に少しでも多い方が良いのが損害賠償金です。仕事が出来なくなってしまった分の保障の他に賠償金を請求出来ます。この賠償金は曲者で、自分だけで請求したとしても少額にしかならないことがあります。それはそうです。保険会社は出来る限り少額で済ませたいです。そこで交通事故に強い弁護士の登場です。エキスパートにかかればはるかに良い金額をもらえるでしょう。それに難しいやり取りも全て任せられるので自分は待つのみです。余計なことを考えずに治療に専念したい方にもおすすめします。何せ法律のこととなると素人には難しいことばかりですから頭を悩ませてしまいます。治るものも治らなくなるのも困りますので是非プロに相談しましょう。

交通事故の賠償についてはネットでも調べられます

免許を取得して自動車を運転する方は非常に多いですが、交通事故を起こした場合の賠償について知っている方は少ないです。自分が加害者になってしまった場合、相手の入院費用や慰謝料など様々な賠償が発生するので、最低限の知識だけでも勉強しておくのが最適です。支払うお金は非常に高額でサラリーマンの給料だけでは到底足りなので、万が一に備えて自動車保険に加入しておくことも重要です。自動車に乗る場合、最低限自賠責保険には加入する義務はありますが、任意保険の加入は自分次第です。ただ任意保険に加入しないと高額な賠償をすることは難しいので、複数の保険会社の中から信頼できる所を選んで加入してください。もちろん普段から交通事故を起こさない運転を心がけるのは重要なので、危険な運転はできるだけ避けて安全運転を心がけてください。

相談は平日9時から20時まで承ります。土日祝日も18時まで受付けます。 当事務所は、交通事故の被害者の方々に低い示談金で泣き寝入りしていただきたくない、そのような思いで日夜業務に励んでいます。 交通事故分野に特化した当法律事務所では、被害者の法律相談、賠償交渉などの事件解決を専門の弁護士が分かりやすく丁寧に対応しております。 交通事故に関するご相談は土日・祝日・夜間も事前予約にて対応します。 交通事故の賠償でお悩みなら中村・橋本法律事務所に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)